日本の産業を支える中小企業

税理士というと会社の税金申告や会計に関する業務、また資産を持っている人が贈与や相続などに関しての依頼をするものと考えていました。しかし最近の税理士、また税理士が働いている会計事務所では税金や会計の事だけでなく、企業の設立から運営、利益を生み出すまでのトータルでコンサルティングを行う所が多い様です。

熊本には日本の産業を支える素晴らしい技術をもった中小企業が多く存在しています。しかし長く低迷している不景気の影響で、どこの経営も苦しいようです。税理士が多く働いている会計事務所では税務の事だけでなく、不景気を乗り切れる様に税務や会計業務を通して、経営戦略に関わるアドバイスを行いながら一緒に戦って言っているようです。

会計ソフトの導入サポート

税理士がいる会計事務所は会社などの税の申告や会計報告、また資産家の贈与税や相続税と言った事を行う所です。しかし多くの会計事務所が税に関する専門知識や、その会社の会計状況を見て全体的に経営のアドバイスを行うコンサルティング業務も一緒に行っています。

熊本は日本が世界に誇る技術をたくさん持つ中小企業が多く存在しています。税理士がいる会計事務所では、会社や企業の設立から不景気の中立ち向かう中小企業に対して、税務や会計、またマーケティングを通した幅広いバックアップを行っています。

会計事務所では年間をとおしての会計業務から、経営戦略を一緒に考えコンピューターによる会計ソフトの導入などのサポートも行なっているようです。

会計事務所の仕事とは

税理士がいる会計事務所では、会社を興す時や企業が税金を払う時期のみが忙しい職業だと思っていませんか?最近の会計事務所の仕事は企業の設立、税務申告は勿論毎月の会計業務の代行や、また長引く不況に対する経営戦略を税や会計に関する専門的な知識をもって、総合的にコンサルティングして行く業務に変わってきています。

多くの中小企業が集まっている熊本にある会計事務所では、今後の日本の産業を支える技術を残していくためにも、長引く不景気対策や企業としてのマーケティングを行いクライアントである中小企業を大きくバックアップしているようです。会計ソフトを企業に導入させその分の時間を新しい技術開発に向けるなど、企業のバックアップを通して社会全体に貢献しています。